PHONEモードについて

(概要)
アマチュア無線交信の大半はPHONE(フォーン)モードではないかと思います。
フォーンモードには、代表的なものでFM、SSB、AMがあります。デジタルボイスモードであるC4FMやDSTARもあります。
いずれも、言語を変調させて相手に届けるところがポイントで、したがって、言語による会話がとなります。
このため、CWのように符号を覚える必要もありませんので、参加するハードルは最も低いと思います。
免許としても4アマ免許を取れば、バンドに制限はありますが、参加できるようになります。

JH1DOMは
フォーンモードの特徴は、なといっても参加者が多いことだと思っています。
たくさんの方とお話しするには、やはり皆さんがワッチされているバンドにフォーンモードで出ることが必要だなと思います。

(モードごとの特徴)
・FM
FMに関しては、10メーターバンド(29MHz)から許されており、6メーターバンド(50MHz9、2メーターバンド(144MHz)、430MHz、さらには1200MHzとバンドの設定があります。
10メーターバンドのFMは、お好きな方がいらっしゃると思います。29.300MHzを暗黙の呼び出し周波数として、このバンドが好きな方がモニターをされているはずです。ごくたまに当局も参加することがあります。伝播状況はほかのFMとは異なって直接波の減衰を感じるところではありますが、個人的には経験したことはないのですが、Eスポが出れば海外と交信できるとの話を聞いたことがあります。繰り返しになりますが、大好きな方がいらっしゃいますので、声を出してみると面白いのかなと思います。ただ、設備がそれなりに必要かもしれませんので、多くの参加者がいるわけでもないと思います。
6メーターバンドには幅広いFMの周波数帯が設定されているが、当局はこのバンドのFMは活発でないように思います。6メーターは後述するように何といってもサイドバンドが中心です。以前当局も時々6mのFMでCQを出したりしていましたが、応答が少ないないしは参加者が限られているようなところがあり、もっぱらこのバンドのフォーンはSSBとしています。以前は6mFMに出られるハンディ機などありましたが、いまはこのバンドはハンディ機があったとしてもあまり使えないのでは、と感じます。
2メーターバンドのFMは、以前は活発に交信がされていたイメージがありますが、現在は低調といってよいのではないかと思います。バンドをたまにワッチしますが、いわゆるアマチュア無線らしい交信は正直あまり聞かれないように思います。また、当局においては呼び出し周波数の145.00MHzになぜか常時雑音が入っており、使いにくいの正直なところです。メインをワッチするときはスケルチのレベルを上げています。車の中から聞いても同じですので、かなり広汎な理由によるのではないかと疑っています。以前はそんなことはなかったと思ういます。ここ数年に起こった、何等か周囲の電波環境によるもの(たとえば電気製品や高圧電線)とおもっています。それもあってなお144MHzのFMは使わなくなってしまいました。
そんな中で、
FMの中心バンドは、東京地区では何といっても430MHzだと思います。
今も「違法?」と思われる方もいらっしゃいますし、アマチュア業務とは言えない会話が聞こえてくることもありますが、多くの方がCQをメインで出されているのが聞こえます。ただ、そのCQも私が無線を始めた7年前と比べると「減ったな」「固定化しているのでは」と思うことがやはりあります。総じてPHONEモードそのものに対する需要の低下みたいなものを感じたりします。
それはさておき、
430MHzは割り当てらているバンド幅も非常に広く、FM特有の安定的な更新状態が確保できるのが何といっても大きな魅力です。ハンディ機でもロケーションが良ければ省電力でものすごく飛ぶと思います。JH1DOMは80mHの高さにものを言わせて、関東一円は5Wをめどに交信をしています。ときどきVX-8Gの最小出力である50mWでQRVするなどの運用を楽しんでいます。最近はSOTAなど新しい楽しみ方が出てきていることもあり、ぜひ、無線に関心がある多くの人の力で、430というか、フォーンモードをぜひ盛り上げていきたいなと思います。
FMは入れば安定的に交信できるため、ゆっくり話すのが良いのではないかと思います。QTH、お名前、シグナルレポート、設備(リグ、アンテナ等)や出ているバンド・モードの情報交換、そして最近の無線の話題をお話しさせていただく、そんな場所としては持ってこいとおもいます。最近の傾向としては交信はどんどん簡略化される方向化とは思いますので、場合によってはシグナルレポートの交換だけでもいいのかもしれませんが、それでもフォーンは無線のだいご味かなと思います。
例えば東京地区であれば、羽田の管制のAMが118あたりで入ると思いますが、あれって、フォーンですよね。そこに、人間味を感じるのは私だけでしょうか。
そんな中、私が懸念するのは、マナーの悪さだと思います。新しくこのバンドでデビューされる人を盛り立てるそんな気持ちを台無しにするような、アマチュア無線の精神に相いれない会話がメインで聞こえたりするのは残念だと思います。それに対抗するのは取締などではなく、無線家の素晴らしいマナーと交信の実績だと思います。当局だけでできることには限りはありますが、自分なりに、できることはやりたいなと思います。
1200MHzのFMはIC9700の登場でいま活性化していると思います。このバンドは、アマチュア無線家しか参加できないバンドのように思います。その分、ピュアな感じがします。もっとも、別の意味でリグの普及などが進んでおらず、伝播がいよいよ障害物があるとつながらない指向性の鮮明化で汎用性がないなどの欠点があり、どこまでIC9700ブームがこのバンドの起爆剤となるのか、今後の状況待ちかなと思います。

・SSB
フォーンモードは、HFと6mでは代表するモードはSSB
だと思います。
そして、
JH1DOMは430/1200のFMを除けば、フォーンといえばやはりSSBではないかと思います。
SSBはFMと異なり、伝播が直線的です。つまり弱ければ弱いなりに、強ければ強いなりに入ります。FMは伝播がデジタル的で、特にスケルチを聞かせると本当にデジタル的になります。つまり入るときは入るし、入らなければ入らない、ということです。それがSSBにおいては、弱ければ弱いなりに、強ければ強いなりに聞こえます。
これがSSBの魅力です。SSBにはアマチュア無線家以外の方はおそらくいらっしゃらないのもまた、よいところと思います。
SSBは無線交信が華やかなりしころ、バンドを有効に活用するために考案されたのであろうと勝手ながら思っています。7MHzを除けば、残念ながら今のSSBは混信を気にするほど込み合っていることはまずない、というかCQが聞こえるのがまれ、というくらいに一部のバンドでは需要が低下しているかなと感じます。ただ、SSBはその特徴から、飛ぶときは遠くまで飛びます。国内の近距離ラグチュー狙いでCQを出していたらVKや太平洋の島々などから突然呼ばれることがまれではありますがあります。FMではまず起こりえないことです。近距離遠距離、音声で通信できる、そのためのモードとはやはりSSBだと思います。
SSBは専有帯域幅が3KHz(人間の音声の幅)であり、HFは10mを除き、フォーンといえば狭帯域(つまりSSB、なおAMも可とされています)に限られています。10mから上はFMも認められてはいますが、伝播の特徴から、6mでも2mでもアマチュア無線家のフォーンの中心はSSBだと思います。2mなどはFMは衰退では、と思うことはありますが、SSBは私には健在に見えます。
当局はCQを出すことがほとんどなのですが、SSBでCQを出すときにややむつかしいのが「同調」です。
こちらの周波数とぴったり一致した周波数で応答いただければ助かるのですが、微妙に違っていると音声がうまく復調できません。これが嫌いでSSBが好きになれない方もたくさんいらっしゃるのだろうと思います。弱めに信号が入ってくると同調していないと音が拾えず、コールサインが非常にわかりにくくなる場合があります。無線機には必ず「RIT」つまみがあり、これで受信周波数を上下させることができるのですが、これを短い時間で素早く調整するのが実を言うとテクニックになります。できれば、こちらの周波数にぴったり合わせて応答いただけると助かるなと、思います。おそらく無線機の設定(周波数のステップ)がそうなっているからだろうなと思っています。
さらに、微弱な周波数からみでは、ICOM機には「ノイズリダクション」という機能があり、当局も通常はONにしていますが、微弱な電波を取るときは実際はOFFにするほうが確認できます。また、受信のバンド幅も、通常は2.4KHzに設定していますが、場合によっては3KHzにしたほうが良いなと思うことがあります。ちょっとテクニックが必要なところがあるのがまた、楽しみではあります。
SSBは、信号の強弱にもよりますが、変調の良しあしもまた楽しめるところです。よい変調が載って発射されている電波と、そうでない電波。いいマイクを使っておられるので低音高音がきちんと伝わってくるケースとそうでないケース。気が付いたことは必ずレポートすることにしています。そうすると先方の局長がマイクなどでいろいろと工夫されていることを聞けることも少なくありません。そういった無線家ならでは工夫が生きる、それもSSBの好いところなのかなと思います。
ですので、もしオールモード機をお持ちでしたら、FMだけでなく2mや430でもSSBをワッチしていただけたらと思います。144.150-250くらいの「奇数」チャンネル、同じく430.150-250くらいがそれぞれのバンドでのSSBの活発な周波数帯です。

・デジタルボイスモード
デジタルボイスモードは八重洲のC4FMとICOMのDSTARに二分されている状態です。
多くの無線家が思っていることと思いますが、統一したほうが良いのかなと感じます。
当局はICOM派であることもあり、C4FMのことはわかりません。以下DSTARに関してコメントします。
DVモードはシンプレックス通信(一般の通信のように無線局と無線局が直接に交信すること)というより、レピーター経由を前提としているようですが、レピーターの数がその意味では少なすぎて、正直、意味がないのではと思います。レピーターの管理体制に依存するところもあり、レピーターが故障してしまえば、通信はできません。また、一番の問題はレピーターが使われていては通信ができないのが欠点です。普通に考えて、多対多の通信手段を確保しなければ、シンプレックス通信であれば430FMにとってかわることはむつかしいと感じます。
また、DVモードの音声は、いわゆる「ケロった」状態があり、入るなら入りますが、入らないと聞こえにくく、自分は音声という意味では普通のFMのほうが上ではないかと思います。そもそも、FMは20kc帯域を使いますが、DVは音声としては10kcしか使っていないと思います。音声と同時にデータを送るということなのでしょうが、それが重要なのかなぁ、と思っています。
時々433.30のデジタル呼び出しチャネルでCQを出しますが、応答率は低いのが実際です。レピーターをワッチしても、ドンドン交信が成立しているというのには程遠い状態と思います。個人的にはどうすればよいのかわかっているにもかかわらず対応が進んでいない状態だと思います。
あまり、将来的な発展は今のままではないような感じを受けています。
ただ、当局、まだわからないことが多い中コメントをしていますので、あくまでも一ビギナーの所感と受け止めていただけたらと思います。

・AM
AMに関しては、ほとんど交信実績がないこともあり、偉そうなことは何も言えません。
ただ、ほとんど通信されていないと思います。通信そのものに関して言えばSSBでやればよいのでAMでやる理由はないと思います。したがって、AMでやることの意味はAMというモードそのものでの交信に意味を感じるからかと思います。逆にその意味で若干の需要があるように思います。当局もたまにAMでCQを出すことがありますが、意外に応答があったりします。
6mのAMはある意味盛んと聞いていますが、ちょっと今までのところ、遠慮をしている次第です。50.600付近と聞いています。

(2019年10月12日更新)


(雑感)
以下、重要でないので読み飛ばしてください。ただ、なにか思うことがある人がいれば参考にしていただければと思いますので記述しておきます。
PHONEモードは、例えばCWのように、符号を覚えることが不要なため参入障壁が低く、別の意味で実にいろんな方が参加されています。その多様性は実に幅広いものがあります。
アマチュア無線の本当のいいところは、趣味という重なりを大事にしたうえで、いろんなスタイルを相互に認め合うということにあると思うのですが、残念ながら、人を傷つけRることを目的とするような参加者がいないとは限りません。
JH1DOMは、この記事をお読みの皆さんが、もし、そういう経験をされた場合は、すぐに交信を打ち切ることをすすめます。アマチュア無線家として謙虚に紳士的な対応をしているのにもかかわらずなお、失礼な言動をされたり、不快な立場に置かれてしまった場合は、通信をやめる権利は、皆さんの側にあると思います。「大変申し訳ございませんが、交信を打ち切ります」といってやめるのが一番と思います。アマチュア無線で、特にフォーンはお互いのスタイルを尊重することを大事にすることから、どちらからでもいつでもファイナルを出せることが大事で、ファイナルを出されたらQSOは終了させるのは無線家の責務と思います。打ち切って、別の周波数でCQを出すのがよいと思います。
もちろん、嫌がらせを本当に受けているかどうかはわかりません。ただ、だからといって長時間楽しくない立場を引きずられる必要はないと思います。もし、何か悩み事などあれば、メールいただければと思います。





(SHURYOUSHURYOU )