5バンドアンテナ HV5Sについて

HOMEへ戻る

JH1DOMはアパマンハムです。
アンテナは、モービルホイップをしています。ベランダ設置器具で手すりに固定して、そこから同軸ケーブルを引き、エアコンの排出口を借りて現在三本室内に同軸ケーブルを引き込んでいます
。アンテナはモノバンドのものを使うことが多いのですが、難点は、バンドが変わると外に出てアンテナを変えたり調整をしたりしなければならないことです。普段であれば特に問題はないのですが、寒かったり風が強かったりすると大変です。

できれば簡単にメジャーなバンドをざっと見る、ないしは多少でもそれで交信できる簡単なマルチバンド物がないかということで購入したのがこのアンテナ
HV5Sです。
我が家のベランダは手すりから天井までの高さが1.5メートルほどなため、長いアンテナは使えません。そういったことも選択の要素となりました。

購入して一年を経ての感想は以下の通りです。
144MHz/430MHzに関しては、専用の2バンドものアンテナと比べてやや性能が落ちるのではないかと感じます。これまでの経験から考え59で入るべきところ必ずしもうならないケースや、同時に呼び掛けた時のとってもらえないケースの増加を感じます。もっとも、最近は430MHzについては、徹底してローパワー運営をしているのでそのせいかもしれませんが、体感としてやや落ちると思います。
記載によれば、HV5Sの430MHzの利得は4.3dBiとあります。例えばコメットのCSB7700などは430MHzで6.9dBiありますから、数字通りかもしれません。これもあって、2017年末にかけてJH1DOMはアンテナを増設し、UHFに関しては専用のアンテナを出すこととしました。もっとも、HV5Sがダメなわけではまったくありません。ごく近くに別のベストがある、ということにすぎません。
また、7MHzに関しても飛びという意味ではモノバンドのモービルホイップと比べると残念ながら性能が落ちると思います。当初はそんなに違わない印象を持っていましたが、RBNの報告を見るとものバンドのほうが相当に送信能力は上、と思われます。その差は10dB程度あるものと思われます。その差が実際のQSOに与える影響は取り組み次第と思いますが、小さくない、というのが実感です。
21MHzと50MHzに関しては、現状そこまで突っ込んで調べてはいませんが、これまでの運用実績から考えて、モノバンドホイップに対して少なくとも大きく劣後しているとは思っていません。

インターフェアのことがあるため、こちらからCQを出すときはできるだけモノバンドのホイップをしっかり整合させて使うようにはしています。その点でややHV5Sはエレメントの調整が六角レンチでねじを緩めて伸び縮みさせて締めなおすため、手間がかかり、アンテナ側での調整は実用性がないだろうと思います。むしろ、HV5Sを使うのなら、送信機のアンテナチューナーでSWRを落とすほうがずっと現実的で、その点何らかの送信側のロスはあるだろうとは思います。

以上を踏まえJH1DOMは、別途記事を上げていますが、アンテナを3本に増設し、一つは144/430用、今一つはHFモノバンド用として、三本目には基本的にHV5Sを設置することとしました。この装備で常時6バンドはカバーできることになります。

以上が結論です。
ご検討されている方がおられたら、上記の通りですので、何かのご参考にしていただければと思います

当局はこれらを踏まえて使い分けをしながら活用しています。

(2019年9月7日)